画像診断のエース[PET-CT]|初めての方へ|外苑東クリニック
初めての方へ
Introduction

早期がん発見に重要なPET-CT

PET-CTは「小さながんの早期発見」が可能で、また「全身を一度に検査」することができ、「苦痛や痛みが少ない」ことから、特にがん検診で注目されている検査方法です。

がん発見の柱となる
PET-CTで全身をスクリーニング

PETとはpositron emission tomography (陽電子放射断層撮影) の略で、放射性薬剤を体内に取り込ませ、放出される放射線を特殊なカメラで撮影し画像化する装置です。PET-CTはこのPETとCTの画像を同時に撮影し、短時間でより正確な診断が得られます。一度に全身の検査ができることから、想定外の部位のがんでも自覚症状が出る前に早期発見が可能です。がん細胞は正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込むという性質があります。現在、がん検診に利用されているPET-CT検査は18F-FDGというブドウ糖に似た検査薬を使っており、世界中で利用されています。
がんは10mm~20mmくらいの大きさから急激に成長します。そうなると治癒率が大きく低下し、身体的負担も経済的負担も10mm以下の大きさで発見したときと比べると、何倍も違ってきます。そのため予防を目的とした人間ドックや検診では、いかに見落とさないかが大切です。

PET/CT

  • 小さながんの早期発見が可能
  • 全身を一度に検査可能
  • 苦痛や不快感が少ない
  • PET-CTは認知症予防の早期発見にもつながるTIPS

    認知症患者の数は、高齢者の4人に1人、総数では予備軍も含めると400万人にのぼると厚労省の調査で明らかになっています。また、今後も増えていく傾向にあります。認知症は発症すると、自分にとっても周りにとっても大変な思いをする病気です。脳MRIは脳萎縮の状態、脳PET-CTは脳細胞の活性状態を調べますので、認知症の早期発見にもつながります。

    PET-CTにも苦手ながんがあるTIPS

    PET-CTは上記のように大変優れた検査ですが、完璧ではありません。ブドウ糖に似た検査薬(18F-FDG)を使用するため、ブドウ糖を大量に消費する脳、検査薬が体外へ排出されるルートとなる腎臓や膀胱、そして正常でも取り込みが見られる肝臓や胃腸の早期がんの検出はPET-CTの苦手な部分です。
    当クリニックでは「次世代型検診」として、PET検査の不得意なところを独自の検査方法を加えたMRI検査や超音波、上部消化管検査、さらに腫瘍マーカーなどでカバーし、いろいろな角度から体の状態を調べ、がんの見落としを最小限にするように工夫しています。次の「各種検査による全身チェック」ページで検診内容をご紹介します。

  • 外苑東クリニックの特徴
  • 検査コースのご紹介
  • 外苑東クリニックについて
  • 検査のご案内
  • ご予約はこちら ご予約はこちら
    PCサイトに切り替え

    page top

    Copyright © 2014 Gaien Higashi Clinic All Rights Reserved

    スマートフォン向けサイトに切り替える