画像診断の重要性|初めての方へ|外苑東クリニック
初めての方へ
Introduction

画像診断の重要性

外苑東クリニックは最新のPET-CTやMRI、超音波等の検査機器を駆使し、「次世代型検診」を独自に提唱する画像診断専門クリニックです。がんをはじめとした三大疾患や生活習慣病の早期発見に必要な検査方法を取入れ、信頼性の高い検診をご提供しています。

なぜ画像診断が重要なのでしょうか?

1度に全身のがんを検査出来るため、
もれが少なく、早期発見がしやすいからです。

血液中の腫瘍マーカーやアミノ酸・遺伝子癌検診等々の登場により検診が多様化してきております。もちろんこれらの検査はがん予防に繋がる大変重要な手法ではありますが、病巣の特定ができず、あくまでも予防的な診断で可能性をみるものです。がんのような複雑な病気は生活習慣・遺伝子の突然変異・環境的な要因などが密接に関わっており、がんの発生を予測するのは大変困難です。そのためPET/CTをはじめ、MRIや超音波を用いた画像診断が大変重要です。「毎年健康診断や人間ドックを受けていたのに、進行がんがみつかった」ということをよく聞きますが、それは特定の臓器の検査だけを行い、その他の部位や小さながんを見落としていることが原因です。初めて人間ドックを受診される方や、全身をくまなくチェックしたいという方には、特にPET/CT検査を含めた画像診断をおすすめしています。

がんの多様化TIPS

厚生労働省の人口動態統計によると、がんは1981年から日本人の死因一位となり現在でも上昇する傾向が持続しており、さらに発生するがんも多様化してきています。その原因の1つは生活習慣にあります。どの臓器に負担がかかっているかは100人いたら100通り違ってきます。
当院の院長である宇野は、1985年のPETとMRIが大学の研究機関にしかなかった画像診断の黎明期から画像診断の可能性を追求してきました。数々の症例や経験をもとに、どんな方にとっても発見精度を向上させたいという想いで、検査メニューの考案に日々取り組んでいます。
がんは離れた臓器に転移したり、いったん治療しても再発する可能性があります。定期的に全身チェックを行い早期発見・予防をしましょう。

  • 外苑東クリニックの特徴
  • 検査コースのご紹介
  • 外苑東クリニックについて
  • 検査のご案内
  • ご予約はこちら ご予約はこちら
    PCサイトに切り替え

    page top

    Copyright © 2014 Gaien Higashi Clinic All Rights Reserved

    スマートフォン向けサイトに切り替える