診断機器について|外苑東クリニックについて|外苑東クリニック
検査のご案内
Guidance

診断機器について

PET-CT

PETとは、Positron Emission Tomography(ポジトロン・エミッション・トモグラフィ) の略称で、日本語では、陽電子放射断層撮影装置といいます。PETは細胞の動き(ブドウ糖代謝)を見ることで「がん」の発見や広がりを確認する検査です。このPETにCTを組み合わせたものがPET-CTで、これまで発見できなかったがんの有無を高密度に確認することが出来る最新鋭の装置です。
1度に全身を検査する事ができます。
当クリニックで導入している機器の主な特徴として検査時間が短く、検査への負担が軽減されます。また最新の検出器(高感度・高分解能)によりPET画質が向上し、より質の高い診断が可能となります。

PET-CT

MAMMI Breast PET (乳房専用PET装置)

乳房専用のPET装置です。全身PET同様、ブドウ糖の性質を利用した検査です。
乳房専用のPET装置には、マンモグラフィのように乳房を挟んで撮影する対向型と、うつぶせの状態でリング状の検出器の中に乳房を下垂させて撮影するリング型があります。当クリニックで導入した乳房専用PET装置はリング型検出器のため、圧迫による胸の痛みを伴わずに検査することが可能です。

MAMMI Breast PET (乳房専用PET装置)

MRI

MRIとは、Magnetic Resonance Imaging system(マグネティック・レゾナンス・イメージ)の略称で、磁気共鳴画像診断装置といいます。
磁場と電波を用いて体内の画像を撮影する装置で被曝の心配がなく、また脳や脊椎を初めとする身体の大部分の断面画像を撮影することができます。撮影の時は多種の断層像を撮影する為、大きな音がします。
当クリニックで導入している機器の主な特徴として検査時間が短く、検査への負担が軽減されます。また全身のあらゆる方向の高画質な断面画像を得ることができ、造影剤を使用しない血管撮像検査や全身の腫瘍検索ができる拡散強調画像の検査が可能です。

MRI

X線TV

X線を照射し身体の中を透視する装置で、みなさんにも馴染み深い胃のバリウム検査にも使われる装置です。

当クリニックで導入している機器の主な特徴として高詳細なデジタル画像で撮影出来るため、読影時に画質を変化させる事が可能。診断に大きく寄与します。又画像の保管、管理が容易な点も揚げられます。

X線TV

超音波

対象物に探触子を当てて超音波を発生させ、体内の臓器から反射してくる音を画像として表示する装置です。
各臓器の形や組織の変化を見ることができます。超音波は身体に害を与えないので、繰り返し検査を受けても安全で手軽な検査です。

当クリニックで導入している機器の主な特徴として高速かつフレキシブルなビームフォーミングでさらなる高詳細、高フレームレートの画像を提供。生体特性のばらつきを補正して方位分解能を高めるTissueSpecifitOptimizationを搭載しています。

超音波

マンモグラフィ

mammography(マンモグラフィー)は乳房専用のX線撮影装置です。
2枚の板で乳房を挟み、乳房を薄く伸ばして撮影します。薄く伸ばすことで、乳腺が広がり、しこりと正常乳腺。また、乳房を薄くすることで放射線の量を少なくし、被曝を抑えることができます。上下・斜め方向から圧迫して、それぞれ撮影します。

当クリニックで導入している機器の主な特徴としてFPDを使用しているため、高画質・高詳細かつスピーディで撮影できます。日本人女性の体型に適したサイズ、「美圧」システムにより、圧迫による胸の痛みを大幅に軽減しています。

マンモグラフィ
ご予約はこちら ご予約はこちら
PCサイトに切り替え

page top

Copyright © 2014 Gaien Higashi Clinic All Rights Reserved

スマートフォン向けサイトに切り替える