総院長ごあいさつ|外苑東クリニックについて|外苑東クリニック
外苑東クリニックについて
About Cosmo Field Pet Imaging Center

総院長ご挨拶

早期発見を目指し、
画像の力を最大活用する

外苑東クリニックは、三大疾患の予防を目的とした画像診断の専門クリニックとして、2011年に開院しました。画像診断は効果的に使えば、身体に負荷が少なく、正確な検査をすることができる検査です。

日本でPETやMRIの黎明期から、
画像診断の可能性に着眼

私は、当時日本で数施設しかなかったPET検査に着目し、千葉大学で1985年から悪性リンパ腫などを対象に研究してきました。また、乳がんなどは米国留学から帰国した1991年から経験を積んでいます。そのときから、画像診断の魅力と可能性をずっとみつめてきました。
2000年からは、がんPET 検診を東京の民間施設で最初に実施し、トータルで約3万人の検診を行ってきました。短時間で全身のがんの存在をチェックできる、がんPET検診の良さを身をもって体験しましたが、それと同時にPETが不得意とする面も勉強させていただきました。

さらなる正診率と早期発見のために、
新しい技術を導入・開発

外苑東クリニックは、この従来のPET検診の課題を克服すべく最新の診断機器PET/CTにMRI、超音波等を効果的に組み合わせる次世代PET検診を提供いたします。また、MRIの力をフル活用すべく、MRCPなど日本でまだ検診に導入していない技術も積極的に導入し、正診率を高めるために日々努めています。

私自身はもちろんのこと、当院のスタッフが一丸となり各自これまでこの分野で培ってきた経験を活かしてまいります。そして、受診者の皆様に有益な検診を提供できるクリニックとしてこれからの医療界の一翼を担ってまいります。

私たちの体は日々変化を続けています。いつも皆様が健康でいられるために当クリニックがお役に立てることを心より希望いたします。高額な検査ではありますが、受診される皆様には必ずやご満足いただけるものと確信いたします。

総院長 宇野公一

総院長 宇野公一 プロフィール

昭和49年 日本大学医学部卒業
東京大学医学部付属病院分院放射線科、順天堂大学医学部消化器内科、越谷市立病院放射線科を経て昭和53年から千葉大学医学部附属病院放射線部放射線科勤務。文部省長期在外研究員として、ハーネマン大学留学、千葉大学医学部放射線科助教授を経て、平成11年西台クリニック院長。
平成23年10月新宿区左門町、四谷メディカルモール「医療法人社団コスモフィールド 外苑東クリニック」を開院。

・日本大学客員講師
・東邦大学客員講師

所属学会・資格

日本医学放射線学会/日本核医学会/日本医学放射線学会/日本核医学会/日本画像医学会/日本乳癌学会/日本断層研究会/日本CT検診学会/日本消化器がん検診学会/日本がん検診・診断学会
RSNA、SNM、EANM

【資格】
・第1種放射線取扱主任者
・労働衛生コンサルタント
・日本核医学会専門医
・日本医学放射線学会診断専門医
・PET核医学認定医
・検診マンモグラフィ読影認定医
・日本がん検診・診断学会認定医

ご予約はこちら ご予約はこちら
PCサイトに切り替え

page top

Copyright © 2014 Gaien Higashi Clinic All Rights Reserved

スマートフォン向けサイトに切り替える